ARA2シナリオ集:竜退治

【シナリオ名】竜退治

【対象】4レベルの5人程度のバランスを想定しています。
ボルテクスアタックやリゼントメントがあるケースを想定しています。
強さを重視すれば、3レベルでも勝てるかもしれません。

【依頼内容】制覇
3遭遇のみの、非常に単純なデルブシナリオです。
しかし、途中の第2戦闘は少し複雑なため、注意が必要です。

ストーリー

いまだに漁を続けている人間たちに業を煮やしたギルマン達が
今度はドラゴンを従えてまた船を襲撃し出したらしい。

船を襲撃により被害を受けた漁業組合は、冒険者に依頼をすることにした。
だが、その頃ギルマンとドラゴンは、さらに追撃を行おうと
港に進撃していたのである…。

今回予告

蒼海と潮風の街トワド、この街で、街全体を揺るがす事件が起きた。
何とギルマンがドラゴンを操りだし、船を襲撃するようになったと言う。

ドラゴンは今、港に向かっておりおそらく船を破壊するだろう。
だが、今ならそれを止められる。さあ、冒険者たちよ。竜から港を守るのだ。

アリアンロッド2E「竜退治」
冒険の舞台がキミを待つ!

ハンドアウト

ハンドアウトは全員共通である。

PC全員用ハンドアウト

【コネクション】ノエル (関係:依頼)

君達は神殿で依頼を探しているが、結果として依頼が見つからなかった。

失意のうちに宿に帰ったあなた達を見かねた宿のウェイターのノエルがあなた達に声をかけた。
「買い物に行きたいので、よかったら荷物持ちとか、手伝ってくれますか?」

あなた達はそれぞれの理由で、それを受けることにした。
(夕御飯のサービス狙い、ノエルとの好感度狙い、皆が行くことにしたから…など
事情はまちまちでよいが、必ず受けること。このシナリオは受けた後のシーンから始まる)

ギルドの構成について

ギルドが未だに組まれていない場合、参加PC全員が持つ成長点を合計し、
10で割った値をギルド成長点に入れ、それによって算出されたギルド成長点をもって、
ギルドレベルを決定すること。 その後、それに合わせギルドサポートを取得する。

サポートとして、蘇生、祝福は有用である。3つ目以降は好みで選ぶとよい。

オープニング

シーン1:市場

シーンプレイヤー:PC1(他PC全員登場可能)
舞台:市場

解説

市場でノエルと話をしながら、買い物をするシーンであるが、
シーンの途中で事件が起こり、買い物は中断する。

描写とセリフ

港町であるトワドは、その収入や食料の多くを、漁業に依存している。
漁業で入手できない食材は輸入しているが、そのための輸出も魚が中心だ。

今日もたくさんの食べ物が市場に並んでいる。
ノエルはその魚を見ながら、どれを選ぶか悩んでいるようだ。

ノエル「明日の朝、どうしましょう…皆さん、何かリクエストとかありますか?」

そのリクエストに答えると(無回答も含む)、港の方から人が逃げてくるのが見える。
何かあったのか彼らに聞くことができる(聞かないなら、ノエルが聞く)。

【セリフ:逃げてきた人】

「大変だ。ギルマンがドラゴンを従えて、港に向かって来ているらしい!」
「どうやら、奴ら海上で船を襲撃するのに飽き足らず港に出向いて
船を破壊するつもりのようだ。ドラゴンに乗りながら船を攻撃している。」
「おそらく、もうすぐ来るだろう。
衛兵冒険者はいないか?」

【セリフ:ノエル】

「行ってきて。買い物は、私一人で済ませるわ」

PCたちが名乗りを上げるなら、結末に移行する。
※上げない場合でもノエルが無理やり依頼を受けさせる。

結末

逃げてきた人「ありがたい。すぐに港に向かってください!」
その言葉を聞き、あなた達はすぐに港に向かった。

ミドルフェイズ

ここから舞台はトワド港で、PCたちは強制的に全員登場である。

シーン1:港

解説

港に着いた時のシーンである。しかし既に襲撃は始まっており、
ギルマンの先遣隊が港の破壊活動に着手している。
PCたちはそのうちの1隊に目撃され、もちろん戦闘になる。

描写とセリフ

港に走ってきた。どうやら、もうギルマン達の襲撃は始まっているらしい。
遠くでギルマン達が陸にあがり、破壊活動を始めているのが見える。

どうやら、既に港の人たちの避難は終わっているらしい。
もちろん、代わりにギルマンが我が物顔で歩いている。

そのギルマンのうち、魔術師と思われるものが、あなた達を見つけると、
「人間を見つけたぞ!殺せ!」と命令し、配下の太ったギルマンと共に襲いかかってきた。

戦闘

【隊列】PC-10m-[ギルマンチーフ×2、ギルマンメイジ]

ギルマンチーフは前進し一番近いエンゲージの敵に範囲攻撃する。
ギルマンメイジは前進せず、その位置でギルマンチーフが攻撃した相手に追加攻撃する。

戦闘が終了すると、港を探索できる。
港を探索すると、ギルマン達が色々な物を壊そうとしていたことが分かる。
もちろん、一部壊された物もある。役に立つものはない。

もう少し海岸線に近寄った方がよさそうだと言うこと。先に進めば、シーン2に続く。

結論

PCたちはもう少し奥に進むことにした。

シーン2:港の奥地

解説

港の海岸に近い部分である。船が停泊しているのが見える。
その船は、今まさにギルマン達に破壊されそうになっている。

PCたちは、その船に対する攻撃を止めようとすることができる。

描写とセリフ

どうやら、今も破壊音が聞こえる。まだギルマン達が破壊活動をしているらしい。
音の鳴る場所を探していると、ギルマン達が船の上に乗っかって
船を破壊しようとしているのが見えた。

ギルマンはあなた達を見つけたようだが、破壊活動に専念している。
あなた達が彼らを排除しようとしたところ、新たにギルマンが水中から現れて
あなたに矢や魔法を射かけてきた。先にこいつらを排除する必要があるだろう。

戦闘

【[ギルマン×5、船(HP残り30)]-10m-PC-5m-ここから水中→-10m-[ギルマンメイジ×3、ギルマンアーチャー×3]】

直接戦闘するのはギルマンメイジとアーチャーだけである。
これらはPCを均等に狙い、次で倒れると判断したら水中に逃げること。
後ろのギルマンは、PC達が何人エンゲージしようとも、船だけを狙う。

なお、ギルマンメイジとアーチャーは水中にいるので判定に+1dになる。
ゆえに、命中が4dやら5dである。もちろん、積極的にクリティカルを狙うこと。

水中戦闘を行う際、「ここから水中」のポイントで、跳躍を行うことができる
跳躍を行うには、全力移動が必要で「達成値の半分」m
(5mまでなら飛ぶ長さを減らすことが可能)飛ぶことができる。
クリティカルした場合、「達成値の半分までの任意」m飛べる。

水中に逃げたギルマンは、2ターン後にHPを全回復して復活するが、
それまでに後ろのギルマンが全滅した場合、復活しない。

後ろのギルマンが全滅した場合、「復活した」ギルマンは退場する。
一度も復活していないギルマンは残り、PC達に攻撃を仕掛けてくる。

この戦闘が終わった時、残った船のHPを記録すること。
記録が終わったら、別の場所からドラゴンと思わしき咆哮が聞こえてくる。

その場所に向かったら、クライマックスに進む。

結論

PCたちは、ドラゴンと思わしき咆哮が聞こえてきた場所に急いだ。

クライマックスフェーズ

シーン:竜の咆哮

以下を読み上げること。読みあげたら即座に戦闘を開始する。

描写とセリフ

その場所では、魚の剣士を乗せた竜が暴れていた。
毒のこもったブレスと思われる一撃で港を破壊している。
復旧にはしばらくかかりそうだ。

「ははは!見ろ!港がゴミのようだ!」
クエレブレの上に乗っている魚の剣士が、そう叫んでいる。

もちろん、このような破壊活動を許すわけにはいかない。
討伐に向かったあなた達に気付いた魚の剣士は、

「よし、行けクエレブレ、奴らを食ってしまえ!」
とあなた達を指さし、叫んだ。クエレブレはあなた達に向き直った。

幸いなことに、クエレブレは陸上に上って破壊活動をしていたため、
彼らの得意とする水中で戦うハンデを背負わずに済んだ。
その驕りが、今彼らを殺すだろう。

戦闘

【隊列】PC-10m-クエレブレ(2-267)、ギルマンリーダー(2-254)

クエレブレは、近づいてきたキャラクターにランダムで連続攻撃を、
ギルマンリーダーも同じように、ランダムでスマッシュ・バッシュを使う。

クエレブレは、PC人数に合わせて強化(5人でHP2倍、4人で1.75、3人で1.5倍)すること。
追加の雑魚は、ここでは現れないが、ギルマンメイジなどを出すことで
さらに緊張感が出るだろう。5レベル時に受けるときは入れておくことをオススメする。

この戦闘に勝てば、ギルマンリーダーが以下のセリフを残して息絶える。

「無念…なぜ、なぜ勝てないのだ…」

その後、以下のようにセリフを読み上げること。

これで、この事件の親玉を倒した。後ろから戦闘の音が聞こえる。
どうやら、他にも冒険者達が来てくれたらしい。彼らは港に上がろうとしている
ギルマン達を退治しているようだ。

しばらくすると、ギルマン達は潮が引いていくように退却していった。

【エンディング】

解説

トワドの港を守り、帰る時のシーンである。

描写とセリフ

こうして、PCたちは竜を倒し、トワドの港は開放された。
港はかなり破壊されてしまった。復旧には、かなりの時間がかかるだろう。

いざ帰ろうとすると(帰らない場合でもよい)、
あなた達を見つけたノエルが駆け寄ってきた。

ノエル「やっと見つけた!」
ノエル「お疲れ様。街の危機を救ってくれてありがと。」

ノエルは既に手ぶらである。(買い物などは、既に済ませてもう特に用事もない)
ノエルに対し質問がある場合、ノエルは以下のように答える。

[どうしたの?]
ノエル「ギルマン達が撤退したと聞いたので、来ちゃいました」

[買い物について]
ノエル「買い物は…もう、終わっちゃいましたよ。」

[報酬について]
ノエル「報酬は後日、まとめて支払いたいみたいです。
動員した冒険者や衛兵の量も多いですから、2,3日位はかかると思います。

[質問が終わった倍あ]
ノエル「あ、そうだ。今日はご飯をサービスしますね。」

結論

3日後、街の漁師団体があなた達に、
報酬を一人あたり
(500+第2遭遇の船の最終的な残りHP×10)G渡してくれた。

このシナリオのクリア経験点は11である。その他も集計して、経験点を渡すこと。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)