ARA2シナリオ集:西トワド王国の設定

本シナリオ集の全ての共通の舞台である、西トワド王国についての設定を以下に記載します。
以下は王国の概略です。人や場所に関しては、別の記事に書いています。

王国概略

王国名[西トワド王国] 首都[トワド]
異名・愛称[潮風と蒼海]
建国年数[200年] 背景[]
人口[700万]
政治の体系[王権を元にした貴族による議会制]
支配者[ヒューリン] 背景[]
支配者層[ヒューリン] 背景[]
主要な種族[ヒューリン] 背景[]

地形と気候
[地形]

立地[トワド内海に面する平原] 背景[]
策源地[海] 備考[]

[気候]

標準的な気候 [四季折々、比較的安定している。ただ、初夏は長雨が続くことが多い]
気候による恩恵[港が凍らない] 弊害[初夏に長雨]
備考[]

産業と経済

主に海産[海運、漁業]で成り立っている。
それを支えるための造船、建築技術や、港町としての観光業に力を入れている。

他に彫刻や牧畜を行っているが、基本的に海産物がトワドの財政を左右する。

出荷物[海産物・芸術品]
輸入物[木材・石材・香辛料]
運搬方法[海運]

人々の暮らしと階級

労働人口の多い職業[漁業関係者] 背景[]
国家市民の服飾[少し厚着] 背景[]
住居形態[石造り]
非機械進化による生活への恩恵[魔法の灯台]
暮らしにおける特色[パン、パスタ、海産物]

貧富の差とそれぞれの暮らしぶり

(衣服、食料、住居、傷病時の対応等)
上流階級[金満] 背景[]
中流階級[普通] 背景[]
下流階級[神殿頼み] 背景[]

階級の分布と状況

労働者と兵士、衛子の割合[最低限度]
搾取階級と被搾取階級の割合[通常]
種族ごとの階級の偏り[なし]
労働階級の土地所持率[自宅ほど]
身分格差の健全な流動性[あり]

国家の文化、歴史

宗教観[光の7大神信仰]
情報伝播力[高い] 収集力[高い] 方法[ディアスロンド]
祭事、イベント[海祭り(雨季明け)、建国祭、収穫祭(秋口)]
古くからの因習[王位争奪戦]

伝わっている伝説

[海竜と、それを倒した勇者の伝説]
[海底のほこらに海竜が眠ってる]
偏見、差別[なし]

周辺諸国

周囲の国家との関係
他国家への印象[他所は他所、どうでもいい]
他国家からの印象[漁業の国]
同盟国[なし] 敵対国[なし]

国家の能力とサービス

国家能力

国家の清潔度[非常に良好] 治安の良さ[並]
「スタァァァァァァァァァップ!!」
水、食物の安全度[良好] 価値の高低[普通]

インフラ

学校[○] 病院[○] 道路[○] 湾港[○] 造船所[○]
橋梁[○] 上下水道[○] 夜間照明[○] 灯台[○]
その他の施設
運輸、郵便[○] 商店[○]
宿泊[○] 飲食[○] 娯楽[○] 教会[○]

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)