新ツール作成:SW2/どどんとふ用拡張ダイスボット

作りました。 SW2のダイスボットに、SW2DLL互換書式とそれに伴う機能を追加します。
具体的には、以下のことができるようになります。

  • 抵抗半減や4分の1のダメージ減少、並びにそれに影響しない弱点ダメージの追加
  • r書式のサポート(rの時だけ、=9,6のように目の複数指定ができます)
  • r書式の時のみ、$A,$S,$SS,$Bのサポート(SW2DLLでは対応していませんが追加しています)
  • クリティカル関係は「実際ダイスを振って、回った回数」に統一されます。
    例:r23+4@9=9,10,11,* で*が3だった場合、「0」回転になります。

r書式の時はC値を記載しない時は13となります。
C値の誤爆防止のためにも、rを使用したほうがいい機会も多いでしょう。

ダウンロードはこちらから、src_bcdice/diceBot/フォルダの中身を置き換えてください。

https://www.dropbox.com/s/96glx946qgqyfho/SwordWorld.rb
https://www.dropbox.com/s/mx9kkhqapyalnvh/SwordWorld2_0.rb

以下ヘルプ

Q1:SW2DLLってのは?
A1:これです
Q2:追加コマンドはどんなの?
A2:以下の通りです。

威力表 rX+P@C$RcA=Y,Z…
X:威力(とふ版だとkX)
P:追加ダメージ(とふ版と同じ)
C:クリティカル値(とふ版と同じだが、省略した場合クリティカルしない)
R:出目上昇(とふ版の$+R)
A:威力上昇(とふ版のrA)
Y,Z…:出目(とふ版の$Y、,区切りで複数指定可能、?で1回ロール、*でクリティカルしない所までロール)

例:r23+4@9=-3,*
r23+4@9で、3を変転して(11になった結果)クリティカルが出た場合、こんな感じで記載できます。
当然、-3は11として記述できます。

半減書式 //X+Z

X:抵抗で減る値 半減なら2、4分の1なら4
Z:抵抗に関係ない値。弱点など。

例:k20+4@13//2+3
弱点で3ダメージ増加した、威力「k20+4@13」の半減ダメージを与える。


1 comment for “新ツール作成:SW2/どどんとふ用拡張ダイスボット

  1. memerira
    2015年10月7日 at 11:58

    >例:r23+4@9=9,10,11,* で*が3だった場合、「0」回転になります。
    上記のような出目固定時に関してもクリティカルの回数に数えるようにはできないのでしょうか。
    これですと首切り刀などの威力上昇も反映されないので。
    また、この機能を使用するのはもっぱらダイスロールの途中で変転やダイス振り直しを行った場合ではないかと思うので、できることなら処理を分けずにできないかと。
    よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)