GMをはじめよう

そもそもGMって何?

TRPGを始めてみて、どう思いました?

自分で物語やダンジョンを作ってみたいと思いませんでしたか?
作った事件をプレイヤーがどう解決していくか、楽しみだと思いませんか?
思ったようなキャラクターを、好きに出したくありませんか?
戦闘のバランスに不満はありませんか?

GMになれば、それらの望みが叶います。仕掛けや事件などを自分で作る喜びは、プレイヤーでは体験できないものです。
プレイヤーとして積み上げてきたことに何かに不満があったり、何かしたいと思った時はぜひGMをやってみましょう!

GMを始めるためにシナリオを探そう

そんなGMを始めるためためにまず必要なことは、シナリオを作る…… ではなく、シナリオをどこかから持ってくることです。
だいたいのルールには、ルールブックにサンプルシナリオがあるはずなのでそれを使うのがいいでしょう。もしなくても、Webで「システム名 シナリオ」で検索すればおそらく見つかります。
それでなお見つからなければ、誰か先輩GMにシナリオを貰ってください。
基本的に、多くの人がプレイしているルールブックのサンプルシナリオが最も有効です。
なお、複数候補がある場合、シナリオの内容は気にしなくて構いません。

シナリオを書き換えよう

先のようにシナリオを手に入れたら、それを1箇所だけ書き換えます。

具体的には、シナリオを読んでみて何かここはこうしたほうがいい、とか思った点やここが気に入らないと思った点がありましたら、それを書き換えてください。
そうすることで自分に取って望ましいシナリオになったら、貴方だけの最初のシナリオが完成です。

書き換えることに心当たりがない場合、そのまま始めてしまってかまいません。
その時はシナリオ終了後に、最終的にどこが悔しかったか考えるようにすればいいでしょう。

環境面での準備をしよう

ことオンラインでもオフラインでも、準備面については参加者に聞くのが一番です。
わからないことがあったら、たくさん聞いて周りましょう。

オフラインなら小道具類は、プレイヤーの皆に任せてしまっても構いません。
初GMだからと言いつつ、全部押し切ってしまいましょう。

オンラインなら、参加者は慣れてる人だと思いますのでGMでだけやることを覚えましょう。
どどんとふの使い方ならこちらの動画で説明しています。Part2だけ見ればいいでしょう。

参加者を集めよう

これで、セッションを開催する準備が整いました! 準備ができたら、次は参加者を集めましょう。
参加者は全員あなたのシナリオの元となった内容を知っている経験者であり、しかもあなたの行動に理解がある人が望ましいです。

要するに貴方の参加しているサークルの中の人たちに集まってもらい、元ネタのシナリオを読んでもらうといいでしょう。

実際にセッションしよう

後のことは、他のGMと同じようにすればいいはずです。
わからないことがあったら、参加者に遠慮無く聞いてください。

評価してもらおう

シナリオが終わったら、最後に評価してもらいます。評価してもらう時に注目するのは追加した部分がどうだったかです。
それ以外の部分は自分で気にしていることでなければ、無視して構いません。

そして、そのような人の評価より、自分がどう思ったのかが大事です。

1回やり終えたら、2回目以降は1回目より簡単なはずです。ぜひ色々試してみてください!

2回目以降のシナリオは

1回めのサンプルシナリオ改変でどこを変えたかを覚えて、そこから作るといいでしょう。
そこから作りさえすれば、他の要素は意外とさっくり決まっていくはずです。

必要ない部分は同じようにサンプルシナリオからどんどんパクってみたり、サイコロで適当に決めてみるのもいいでしょう。色々試してみてください。

2回目以降のシナリオでは1回めと違い、元ネタを知らせる必要はありませんし、
TRPGがはじめての人にセッションを体験させても問題ないはずです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)